チャリと僕と友達2

アクセスカウンタ

zoom RSS 経験に勝るものはなし 乗り切らねば vs 狭心症

<<   作成日時 : 2015/03/05 00:45   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

何事も勉強だなぁ〜と思います
検査を繰り返し情報を集め最適な手術方法を見つけ出し実行に移す
丁寧に説明してくれる心臓外科の先生
普段 出会わない人ととの会話は勉強になりますね。

画像


心筋梗塞は冠動脈が閉塞し血液が流れず壊死した状態だそうです。
冠動脈が狭くなり血液が十分流れていない状態は狭心症というそうです。


僕の今の状態は狭心症であるとしたら何故 手術が…。
狭心症であるならカテーテルで治療が
もっと言うなら血管を広げる薬もあるのに
手術に比べればカテーテルは死亡率も低く安全だと
ここが今回の辛いところだったのかも…。

先生との面談を1時間程しました
ただ聞いているだけで質問の1つもできませんでした
聞きたいことがあったら遠慮なく言ってねと言ってくれるんですが
言葉が出てこない自分が…。
わかった事は狭くなってる場所が冠動脈の分岐点で
カテーテルでの治療ができないこと
詰まってしまったら絶対に助からないことから
バイパス手術になったそうですが
それでも検査を繰り返し一番いい方法を検討してくれていたようです


ただ命が助かったと言うのではなく
手術後に自転車に乗ったり山に登ったりできる状態にするには
と考えていてくれたようです。

今日の面談で手術方法やリスクについて
また当日の手術の流れを詳しく説明してくれました。
本来ある左冠動脈2本が3本あるわけですが
心臓の裏側は心臓を反転する為リスクが高くなるそうです
だからバイパスは2本で心臓を止めずやる方法を予定していたそうですが

僕の年齢と趣味を考えると3本全部にバイパスを通すことにしたそうです
その結果 心臓を停止させ人工心肺が使うそうです
手術時間も9時に入り順調に進んで17時半ぐらいになるとか
自分で呼吸ができるのはICUに行ってからだそうで
リスクは上がるのかもしれませんが
その後を考えて選択してくれたのだから受け入れたいですね。

手術としては胸から2本 足から1本血管を取って
冠動脈に繋ぎバイパスを作ると言う手術なんでしょうが
聞けば聞くほど不安が増し そのまま心臓が動き出さないのではと思ってしまいます。
けっして説明が悪いわけでもないし問題があるわけでもない

自分の弱さが …情けないです(涙

娘が言うように これ以上はないと言う
ベストメンバーのスタッフで手術するんだから心配ないと
言う言葉を信じる事と先生の思いも信じなければ

来ていなければ命はなかったかもしれなかったし
助かる方法はこれしかないんだから悩む事もないんだけど
煮えきらん男だと自分ながら情けないです!
選択がないのに…。

周りの人達のおかげで楽しくやってこれたのだから
今度も周りの人達を信じる事と自分の"運"を信じることですね。

この3週間は いろんな事が頭を駆け巡りましたが
それも後3日です

今は手術の日までの事しか考えれません
その先の人生は 手術後目覚めてからリハビリしながら考えたいですね。

毎日 孫と一緒に病室を訪れてくれる娘に
毎日通って来て周りの世話をしてくれる 奥さんに感謝です!

今まで右肩上がりで幸せだと思えたのは
家族全員が健康であった事と安定した給料が貰えた事があったからだと
健康でなければ家庭も仕事もダメですね!
食生活や生活習慣も動脈硬化に影響してるのですから
反省しなければ


何事も深く考える事もなく フワッと生きてきた自分に
試練を与えられたのかも

3日先の事は何も考える事が出来ませんが
乗り切れば 今までと違う自分がいるような…。

何だろうね 今の自分は…






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
この難局を乗り切って下さい!
そして、生まれ変わった身体で人生を歩んで楽しみましょう。陽さんと初めて行った大正村の暑い日を忘れる事は無いです。
あの日の頑張りで手術もicuも入院も静養もリハビリも復帰も復活も待っています。
kumo
2015/03/05 22:55
kumoさん
3日後に手術が終わり息を吹き返したら ちょと凄いかもです。
六割しか流れていなかった血流が
7気筒フル回転したら…。
早くても秋以降ですが体重も落とし
自転車に登山 楽しみたいですね!
皆さんには余分な心配お掛けして申し訳なく思います。

2015/03/06 14:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
経験に勝るものはなし 乗り切らねば vs 狭心症 チャリと僕と友達2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる