チャリと僕と友達2

アクセスカウンタ

zoom RSS   人生 最大の試練が・・・。 狭心症

<<   作成日時 : 2015/02/26 23:50   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 6

7年続けてきました このブログで自分の心情を語ることはなかったのですが

胸の内を吐き出さねば落ち着けないです。

検査入院がそのまま入院 そして手術に向かうことになり

今起きていることが自分自身 受け入れる事ができず・・・

少しだけ帰宅させてもらい整理することに

画像


事の始まりは思えだせないぐらい前から始まっていました
自転車で走っていて疲れが出てくると左側の肩甲骨が痛み出し
次に左肩が痛み出す感じでした しかしながら腕を振っていると
痛みは治まり左肩にダルさが残ると言った感じでした。

それが走り出しに出るようになり山登りの時も同じ症状がでるように
もっと驚いたのは会社の昼休みに歩いていても左肩や肩甲骨が痛み出した事です。

五十肩かと思いマッサージしたりしたのですが まったく良くはなりませんでした
看護師をやっている娘に左側の肩甲骨が痛むんだけどと話した時
思いも寄らない答えが返ってきました それは「心筋梗塞」の症状だと・・・

胸とか痛くないから違うだろ〜と僕は思いましたが 
とにかく循環器へ行けと言われ
半信半疑で行ってみることに・・・娘以外の人に言われたら行かなかったと思います

循環器内科で心電図→運動心電図→24時間心電図と 
どんどん検査が増えていき
その上 医者から病院を紹介するので もっと詳しい検査をするように言われ
そのときの説明は心臓の細い血管が詰まったりしているかもしれないとの事でした
お守りに「ニトロ」を渡されたのですが 
今すぐ倒れることはないだろうと思っていました

記念病院で同じように検査をしたうえで造影剤を使ったCTを撮ることになり
予約をし帰った頃から肩甲骨の痛みも増え左肩に至っては慢性的に重く
ダルさが抜けない感じがしていました
またその頃から左胸に痛みも感じるようになり 嫌な予感が・・・。

CTの結果は細い血管どころか心臓にある3本の動脈の内
二股に別れ前側と後ろ側に行っている冠動脈の二股に分かれる分岐点が細くなり
ここが詰まれば2本の血管が同時に流れなくなるため「即死」するとの事でした。
運が良かったんだよと 何回も先生達から言われましたが
この時は実感がなかったのが本音です。

詳しく調べる為に検査入院をし「カテーテル」をやる事に入院は3日との事でした。
カテーテル検査は30分ぐらいと聞いて入ったものの2時間ほど掛かり出て来ると
奥さんが先生に呼ばれ話をしているとの事でした・・・嫌な予感が爆裂!

画像


話の内容は このままでは助からない 治療方法に関しては選択の余地はない
心臓外科の先生に引き継ぐので すぐにでもバイパス手術をする事でした。
血管が細くなっている所が前後どちらでもいいから6cmずれていたら
治療方法も選べたのですが二股の分岐点と言うことで
選択の余地が無くなってしまいました

3日間の検査入院は そのまま延長となり手術に向かうことに・・・
24時間 血液をサラサラにする点滴も流しだし薬も血管を広げるのと
サラサラにするのとコレステロールを減らす薬を飲みだしたところ
薬に馴染めず一日中 頭痛に襲われ睡眠不足に陥り
食欲もわかず 段々 病人になっていくような気が・・・・

今までに眠れないなんて味わった事がなく
頭痛が こんない辛いものだと初めて知りました。
その上 外科の先生の話で・・・場所が厄介なところで
実際は胸を開けてみないと・・・
手術方法も心配停止でやるのか動かしながらやるのかで
リスクをはじきだして説明をしてくれるとの事でした
そんな事もあり精神的にも疲れてしまっていたのかもしれません。
気持ちが落ちていくのがわかりました

そこで一時帰宅させていただき気持ちを切り替えることに
元々3日間と言うことで来ていたので仕事も気になっていた
気になっていた事を片付けずに次には進めないし
家族と一緒にいる時間もたっぷり欲しかったです。
自分自身を立て直さねば・・・・・。

心も身体も手術に耐えれる一番良い状態にもって行きたいものです!
自分だけではなく家族にも余分な心配を掛けることになってしまい
本当に申し訳ないと思っています。
病気は自分だけではなく周りの人達に負担を与え
迷惑を掛けてしまう事を再認識です(涙

健康である事が私生活でも仕事でも一番大切だと言う事が
わかっていたのですが病魔に勝てないとは・・・

画像


家に帰れる事が こんなに嬉しいなんて午後から脳のMRIを撮り
それから一帰宅となりましたが入院中は検査検査でした
再入院したら手術をし寝たりっきりの生活からリハビリをしていくんでしょうが
なによりも まずはオペが成功して欲しいと願います!

心臓を触るのであるから当然リスクも高いし 
もっと言えば病院へ行っていなければ
今頃 命はなかったのかもしれないと思うと感謝でいっぱいです。

今回の入院中に初めて自分を振り返ったような気がします
好き勝手に歩んで来たものか振り返るって事がなかったのかも
年齢を重ねるほど楽しくなって来たものだから
振り返るわけもなかったと・・・

”死”ぬって事が怖いのかと考えてみたところ 違う気がしました。
怖さではなく 寂しさであると実感しました!
子供の頃から好き放題に歩んできたのですが肝心な時に いつも誰かが
助けてくれたり知恵を貸してくれたりしたからこそ今があるのだと
そして周りに本当に良い人達が多かったからこそ年齢を重ねながら
楽しさも膨らんできたのだと思います
家族も友達も同僚も会えなくなると思うと寂しさが込み上げてきます
考えように寄っては いい時間をすごせたのかもしれません。
僕の性格では人生を振り返るなんて事は こんな事がなかったら 
なかったと思います。

画像


自分自身の病気のことを調べてみました 
家族に負担を掛ける費用はホント心配のひとつで
1週間の検査代・入院費3割負担で23万の支払いでした 
手術費は450〜600万の3割負担らしい その上入院費などモロモロで 
どれぐらいなんだろ〜
死ぬなど寂しいなど言っている場合ではないのが現実です。
少しでも早く体調を戻し元気な身体を手に入れ
もう一花咲かせねば!


これからの自分の事もあって病気について知っておかなければ
一生涯 飲み続けなければならない薬や食生活の事など
いやいや もっと身近な手術の中身など・・・。
ネットで調べるより娘に聞けば手術方法もその後やリスクの高さまで
わかるのですが あまりにも生々しくて聞いているだけで怖さが・・・。

二股に分かれている冠動脈の分岐点が細くなっているのですが
もっと言うなら後ろ側の血管は さらに細いようで前側の血管で持っていたのかも
6割程度の流れだったようですが ほとんど前側で持っていたのかも・・・
2本ある血管の内1本にはバイパスができないので 難しいと・・・
しかし解剖学部上3本のはずの血管が4本あることがわかり少し夢が・・・
まれにいるそうです 細くなった血管を助けようとして 1本増えたのか?
生きようとする力なんでしょうか・・・・ とにかく変人で良かったです!

手術については成功して欲しいですが その後もかなり大変であることを
娘からコンコンと日々言われていますが・・・心強い娘であります。

手術が終わればICUで管を何本も付け 心配装置も付けた状態になり
その身体をリハビリで戻していくのだから大変だと思いますが
何よりも胸を開き胸骨を切断し肋骨を開いたうえで心臓のバイパス手術を
するわけですが  やっぱり手術後が想像できません・・・・。 ハァ〜

ただ わかっているのは開いた肋骨をワイヤーで縛り閉じるのですから
今年1年は自転車も山登りも諦めなくてはいけないことです
今年の初めに自転車も山登りも今までと違って いろんな所に出掛け
楽しみたいと言うのが思いでした
しかしながら難しいものになってしまいました。
唯一夢が叶うのはダイエットだけだと思います
強制的にダイエットの神が降臨したからです!
それも手術が終わってから考えることですが・・・。

画像


ひとつのタイトルに対して何日にも渡って継ぎ足しでブログを書いているのは
初めての事です。
だから内容が今ひとつかも・・・もっと言うならば普段は写真が多く
文章は短文であるが
今回は とにかく話が長い・・・
同じような症状が思いあたら方は病院に行って欲しいです

ほとんどが倒れてから運ばれる しかしながら助からない方も多いそうです
病院に着く前に亡くなってしまうからだそうです
それでも必ず症状はあったはずです!

僕のように五十肩だと思っていたり また痛みは出るが すぐひいてしまう為
それほど重要に思わなかったり 胸ではなく背中が痛かったりするので
心臓疾患だと思わないのかもしれません。
僕自身も心臓は強いと思っていました 毛が生えているほどとは
思っていませんでしたが その先入観が生死を分けるのかも・・・。

一つ目の”運”は娘が看護師だったことで的確な判断と急いで病院にいくように
進めてくれたことです・・・即死を免れる事ができたのかも
少しですが自分勝手な僕も娘の言うことは聞くと言う
素直な心が”運”を呼びました。

二つ目の”運”は先生達が検査結果を見逃すことなく また検査を積み重ね真因を
掴んでくれ手術ができることです。
自分ごとですが心臓にあるメインの血管が3本ではなく4本持ってい事が
”運”だったと思います。

三つ目の”運”は無事手術ができ生還できる事が”運”だと思っています。
欲張りかもしれませんが三つ目の”運”を使わせて欲しいです!

突然ですが余命何日と言われれば いろいろと片づけをしたり
会いたい人と会ったり やりたい事をやって 伝えたい事を伝えれるのですが
準備なく逝ってしまうのは やっぱり寂しすぎますね・・・。

今考えてみると検査入院の前日に検査をするのだから普段通りの方がいいと
勝手に思い 本宮山に行きました いつも以上に汗が出てきて4枚着ていた
一番上のジャンバーまで汗でビッショリになっていました
雪が降り寒いはずなのに体は火照り変な感じがしていたのを思い出します
結局は中腹で引き返したのですが  それも”運”があったのかも・・・
下山時に湧き水を飲んだのですが それが僕を救ってくれたのかも
あそこで倒れていれば周りの人に迷惑を掛けていたと思うとゾッとします。

検査入院日は娘と病院の託児所にいる孫と一緒に朝病院に向かったのですが
孫を抱きかかえキャリーバックをひき早歩きで病院の駐車場を歩いている時
初めて胸の痛みで座り込んでしまいました
今思うとタイムリミットは すぐそこに来ていたのかもしれません。

50年間生きてくる中で もしかしたら常に”運”に支えられていたのでは?
50年目にしてエンジンをオーバーホールするのですから
さらに50年 人生を楽しめるエンジンを積んで欲しいですねぇ!
三気筒が六気筒エンジンになるんだから

画像



画像


毎日のように顔を合わせている3家族三世代でありますが
弱音を吐き出した僕をビシッと締めてくれるわ
不安を取り除く優しさを与えてくれるわで感謝の一言です!

3月2日に病院へ戻り 3月9日にオペを受ける事が決定しているので
後3日間を家族とゆっくりすごし 後は病院の皆さんにお任せするだけです。

娘もオペに立ち会ってくれるとの事ですので 根性で耐え抜かねば・・・
おふくろさんの癌の時にもオペ室で頑張ってくれて 
おふくろさんも喜んでいました。
今その気持ちが自分もわかるような気がします
オヤジの身体の中は機密事項ということでお願いしたいですね!
意外とピュアな心臓をしていると思いますが・・・

一時帰宅のおかげで今の状況を受け入れる事ができた気がします
まずはオペが無事終わってくれること のみです!

画像


月曜日に病院へ戻ったら しばらくは外に出れないんだから
一緒に出掛けるかと娘と息子が誘ってくれました
若干心配があるものの しばらく外に出れないかと思うと・・・・

道中 娘に こんな感じの状態なら手術せんでもいいような
気がすると言ったところ  アホやろぉ〜
いつ倒れるかわからずにビクビク毎日過ごすののがいいんですかぁ?
周りに迷惑やろぉ〜 と一喝!  大人になりましたなぁ〜
考えてみれば・・・ 

僕が20歳 奥さんが16歳で出会って30年 気づけば二人から子供ができ
四人になり 子供達が結婚し六人になり さらに孫ができ九人になりました
あれやあれやと30年の月日が流れた気がしますね。

子供達が楽しそうにしている顔を見るのは いくつになっても嬉しいもんですが
ひ孫と遊べるまで頑張れたら最高な人生かも。

画像


検査入院以来いろんな事を考えさせられながら あっという間に日がすぎて
いっていますが 今後 自分の中で何かが変わるような気がします
ただ気がかりは仕事かもしれません   仕事人間ではないんですが・・・
普段職場で突発で休めば必ず誰かが負担をかぶることになる
体調管理は自己責任だから しっかり管理するようにと言い放っている自分が・・
2ヶ月は休んでしまうかと思うと申し訳ないです。
早く体調を整え復帰できるように頑張るのみです!



こうやってブログを書く事ができたのも倒れてから この病気に気づいたわけでなく

ちょっとした症状から病院に行き検査でわかったからこそ薬で手術日まで

もたせてもらい 手術や手術後の準備まで整える事ができたのだと思います

大げさなのかも知れませんが”命”を頂いた気がします

次にブログを書き込むのは退院してきてからになりますが

晴れ晴れした気持ちで 遊びのブログに戻れたらいいナと思います!

画像


息子のお嫁さんは先週 浅草は浅草寺でお守りをもらってきてくれ
今週は京都は清水寺でお守りをもらってきてくれました 
これで大丈夫だよと ホント優しいですねぇ〜

奥さんは しばらくお風呂に入れないからと「アカスリ」を予約してくれていました
アカスリをしながら お姉さんから足はむくんでいるし首肩はこっているし
血行もよくないとズバズバ言われ  さすが奥さんの友達だと思いました。
それでも身体が軽くなった気がしました

娘は早出してオペの準備は整えておいてあげるから安心してオペ室に来なと
三人の女性たちにはホント感謝でいっぱいです。

留守中は息子に大黒柱として しっかり頑張ってもらわないと・・・
安心して任せえていけると思いますが

心も身体も準備は整いました  僕自身はたいした事のない男ですが
周りの人達に支えられ歩んでいることを実感ですね!

恩返しは完全復帰です!


画像



さぁ〜  行きますかぁ〜    元気な身体を取り戻しに・・・。








 











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
なにも出来ないので応援します。

フレー! フレー! 陽さん!
フレッフレッ陽〜さん!

tsukasanohide
2015/02/28 21:41
ヒデさん 余分な心配をお掛けしました。
長期で仕事を休んでしまうことや遊びも しばらくお休みとなってしまいます。
電話やメールでも どうしたって聞かれる事が多かった為 思い切ってブログで書いてしまうことにしました。
ただ皆さんに余分な心配をかけてしまう事が・・・。

もうひとつは今まで この病気で亡くなってしまった方々を見てきて まさか自分がと思いましたが
早期発見が大切だと言う事が伝わればと思います!

自転車でコロコロ〜 は秋以降ですが
本当にコロコロだと思いますので宜しくです。

2015/03/01 04:16
陽さん久しぶりに訪ねたブログでしたが手術が必要な病気との事でお気持ちお察しします。
元気なブログの更新で会える様エールを送ります。
イナゴ
2015/03/01 08:11
お久しぶりです  イナゴさん
次に更新する時は元気いっぱいになっていると思いますので宜しくお願いします。

2015/03/01 21:24
手術頑張って下さい。
そしてしっかり養生して元気な姿を見せて下さい。
立派なご家族と家族思いの陽さんを応援しています。

kumo
2015/03/04 06:20
kumoさん ありがとうございます。

周りの皆さんに余分な心配を掛けてしまい申し訳なく思います。

思いっきり遊べる身体を取り戻したいと思います。

2015/03/05 08:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
  人生 最大の試練が・・・。 狭心症 チャリと僕と友達2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる